#166 「私の住所は地球です」マナミ・ガレスさん、訪問70か国、30代で国際結婚は3回目、日本では中卒、家出、米国で苦学生で大学院を卒業、国際会計士に、TVにスカウトされ断られたわけ、夫婦で世界旅行をしながらオンラインビジネス

『私の住所は地球です』がキャッチフレーズのマナミ・ガレスさん、日本では中卒、家出、しかしながらアメリカにわたり、苦学生を経験、奨学金をかき集め、みごと大学、そして大学院を卒業。 その後、国際会計士にまだなられました。 興味あるお話は日本の海外在住者を扱った番組に断られました。 向こうからスカウトされたんですけどねぇ。(笑) あの世界的に有名なエーゲ海がいがに汚いのを知ってますw? トルコあるあるなど。 スイスの旦那さん側のご親戚の迫力ありますねぇ。 纏足てんそくの文化と勘違いされることも。 アジア人はほとんど、中国人扱いですもんね(笑) ニューヨークの真冬に扇風機を使うラテン系男性。 世界チップあるあるのはなし。 東京での幼少期のころからの中卒時代、家出、貧乏な家庭でした。 ビジネスパートナーでもあるスイス人のご主人と毎日オンラインからセミナーの開催など、どこでもWi-Fiがあればで、お仕事を堪能されてるようです。 とにかくめちゃめちゃあるんです、ここにもあそこにも、世界中のお宝話が。 それもバックパック貧乏旅行じゃーないです。 すごいラグジュエリーな5つ星ホテルライフや、AIrB&Bにいつも滞在中。 彼女とぜひつながりたい方は、Facebook で Manami Gares をリクエストしてください。 http://www.facebook.com/manami.gares.5245961 ビデオ名刺の問い合わせはichibantalk@gmail.com