#91 サンフランシスコ郊外より小島ケントさん 中学校からアメリカに在住、途中日本に8年就職 ゲーム好き少年が米ゲーム業界でアニメーターとして大活躍 ほぼ毎日更新!大人気のYouTuber

シェア

#91、104 サンフランシスコ郊外より小島ケントさん 中学校からアメリカに在住、途中日本に8年就職 ゲーム好き少年が米ゲーム業界でアニメーターとして大活躍 ほぼ毎日更新!大人気のYouTuber

 

趣味はドローンを飛ばすこと、まずはそこからおしゃべりしていただきました。メキシコ旅行、ハムスターのお話、YouTuberで大人気の、アメリカ生活20年の小島ケントさん。
サンフランシスコ郊外のマリンカウンティーより。

兵庫県芦屋市出身。お父さんは、大学、経済学部の元教員。お母さんは、元画家、のちに専業主婦。二歳上の兄。
阪神ファン?そこのところにこだわる司会者(笑)野球談議に花が咲きました。
失敗談。
高校の時、あのアニメで有名なPIXAR社の社長の息子とは知らず、一緒にミュージカルの大道具として、絵をかいてました。あとでわかりました。

子供のころから、大のゲーム好き。スーパーマリオをこよなく愛するファミコン少年。
絵を描くこと、テニスも大好きでした。
中学二年生でいきなり、お父さんのアメリカ、カリフォルニア州バークリーへの海外転勤。

その頃の夢は、CM広告のディレクター
両親は、帰国、お兄さんと、ケントさんは、ホームステイをしながら、高校に通学。
暇さえあれば、高校では、壁画なんかを書かせてもらってました。
テニスも好き、クロスカントリー部にも入ってみました。
絵をかいて、先生に気に入ってもらえ、高校のミュージカルの背景画の大道具で大活躍。

大学は地元のサンフランシスコの美術大学へ。
イラストレーターを目指すが、今の時代、これからの時代は、ゲームのアーティスト、ゲーム業界のほうがいいと判断。この辺はさすが、経済学を専門とするお父さんの血ですね。(笑)
しっかり、奥さんと大学で、知り合っておられます。

就職のため日本に帰国。
逆カルチャーショックのお話。
ソニーエンターテイメントでのキャラクターアーティスト、バンナム (旧ナムコ)でのアニメーター合計8年
長女の誕生。
共働きでいつも、くたくたな生活。

アメリカへの再挑戦。
サンフランシスコ周辺、ジョージルーカススタジオ、ゲーム部門でア
ニメーターとして海外就職。
ビザのお話。

現在は、2K Gamesで、頑張っておられます。
ちょっと時間を延長して、大興奮なとても楽しい収録でした。

ケントさんのYouTube は
www.youtube.com/channel/UCljLegRnHaPw9z7fFQYLeeQ

Twitterは
twitter.com/kentoon

画像に含まれている可能性があるもの:1人
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、屋外、自然

 

 

 

ブログ村ランキングに参加しています ポチッと押して支援をよろしくお願いします。