#130 アフリカに5年ウガンダより伊藤ジュンさん バイク便経営の苦労、住所は半分しかない、地図が読めない、貯蓄がない、一夫多妻制、現金を盗まれ裁判、ゾウに命拾い、ヤギの生き血を飲まされ、それで?

September 28, 2017 ichibantalk 0

ウガンダに3年半、ケニアに一年半、カナダ、アメリカにも ウガンダ、カンパラより伊藤ジュンさん。 アフリカ話がありすぎで、どこから話しましょう。バイク便業の経営での苦労話。 貯蓄もなけりゃー、給料も前借り。お金を借りるのは常識。 一夫多妻性なんで、どんどん増える親せきの数。なんだかお金の計画ができない。 平均寿命、55歳。 失業率もうなぎのぼり。 ウガンダの教育事情。ひとクラスのサイズにびっくり。 中国人はいて、中華料理屋さんがある。 失敗というかヤギの生き血を飲まされる羽目に。 気を付けてください。アフリカゾウには。 さらには住所も半分しかない⁈地図も読めない。 従業員にお金を盗られ、裁判も数件。 雨が降るとこれまた、命にかかわったりする。 朝庭先にライフルを発見。 テロですか?もうちょっとでしたね、危なかった。 ジュンさんの、子供のころは?損害保険って知ってますぅ? ウガンダのいいところ 1.気候が安定 2.果物が安くて豊富 3.スローライフな国民性 4.子供にやさしい国 5.この周辺では治安が良い ウガンダの人材採用 (2)起業家の多いウガンダ   ウガンダにおける課題解決能力?   住所のない国で、地図の読めない人たちと、バイク便事業を始めた話。   […]

#100 アフリカはモザンビークよりヤマさん 大雨を理由に仕事に来ない、バスは200%の混雑が当たり前、地元の刺身?自殺行為ですかね(笑)寄生虫、予防注射など

March 10, 2017 ichibantalk 0

100回記念 アフリカはモザンピークは、リシンガよりヤマさんの登場、海外ブチ切れより衝撃のスタート。刺身を食べるとに始まり、アフリカ生活のパワフルなお話のオンパレード。 バスはギュウギュウ詰め状態が通常。 会議でも人は一向に集まる気配なし。 急なスコール大雨で社会全体が止まる。 日本人でも白人といわれる。 時間にルーズ。 言い訳が、それぞれユニークで、あきれてしまう。 アフリカ暮らしの家屋状況。 食あたり、体調不良で、地元の病院へ。 怖い寄生虫のお話。 中国人にレストラン経営をお願いしてみた、その結果は? 自家製のうどん。 おまけは、当番組おなじみの痴漢話。 北海道帯広生まれ、横浜育ち。 建設設計士のお父さんのもとに生まれる。 弟さんが一人。 サッカーが大好きで、2010年から4年ほど、日本代表チームを追いかけ、ブラジルわーるカップまで行った熱狂ぶり。 司会者はここで、無理やり横浜ベイダースの野球のお話。 8歳の時に作った、タイムカプセルの話。 子供時代は、ちょっと太っていたので、モテなかったんですが、中学で背も伸び、スリムになってモテましたとのこと。 高校は男女共学だったのに、男女別々の校舎だった思い出。 東京理科大学、工業化学科。 コンビニでのバイト中、ヒモにならないかという女性からの誘い。 大学卒業後、品質管理のお仕事を10年ほど。 一冊の本に感化され、海外生活への実現化。 […]