#107 国際結婚インドよりソノミさんワスさん夫妻 日本で激やせベジタリアンじゃ元気が出ないご主人のハマったものは?インドでの結婚式直後にぶっ倒れた新婦、パニック!ルピーのお札が急に使えなくなった日

April 17, 2017 ichibantalk 0

高塚ソノミさんは日本語教師。インド、アメリカ、フィリピン、ベトナム海外生活7年目、ご主人のワスさんとの結婚3年目。日本で留学経験がある、日系企業に働くご主人。 インドで、やめろと言われたのに、ストリートフードに手を出し、食中毒の妻。 これまた、インドでの結婚式での失態。 あまりに長い、三日にもわたる結婚式、披露宴。 半端じゃない300人の招待客。5キロは軽くある、民族衣装を着て、フラフラ。宴が終了直後、ぶっ倒れた新婦。 2016年突然インドの首相が、1000ルピーと500ルピーが使えなくなることを発表。そんなぁ?馬鹿な。 結婚式は司会進行役がなく、なんとなく始まり、なんとなく終わる。 暑くて気温45度、道路が溶け出す。 インドあるある話。法律で、妊娠中は赤ちゃんの男女の性別は確認できないなど。 ソノミさんの出身は、静岡県清水区。ちびまる子ちゃんと同じ。 9歳の時に他界される、お父さん。 お母さんは、事務員さん。3歳年下の弟。 学級委員をよくやる、しっかりした子供時代。少女漫画、少女小説が大好き。自分で小説を書いたりしていたとのこと。古本屋に行って、漫画を読むのは日課のようでした。 運動音痴な、彼女。逆上がりができなくて、放課後居残り。 中学は吹奏楽部。ただ、音楽室から、あこがれの素敵な先輩を見て楽しんでました。その頃の夢は、小説家。 地元の大学に進学。英米語科。大学3年の時に、アメリカ、インディアナ州に一年留学。 卒業後、日本語教師として、フィリピンへ。 アメリカのニューメキシコの大学院へ進学。 お父さんが船員だったこともあり、常に家には、海外グッズ、そして、海外のお話。 どうやったら、海外に住めるんだろう?そうだ日本語の教師になればと思ったそうです。 日本語教師をしてて、よくきかれること、チャレンジなこと。 さて、ワスさんご主人は。 日本語が勉強したかったわけ。 ジャッキーチェンの映画は日本の映画だと思っていた。(笑) 日本のピコピコと音のなる、信号に爆笑。 […]

#74 第1回公開録音より カリフォルニアに19年 妊産婦のナビゲーターの若山タカヨさん 新しい命のお手伝いができて幸せ 2回の離婚経験 昭和の懐かしいフォークソング イルカって変な芸名ですね(笑)

November 16, 2016 ichibantalk 0

第一回公開録音より。カリフォルニア州サンディエゴに現在お住まい。 青森県八戸市出身 お父さんは和洋菓子さんを継ぐ、お母さんは店の専務さん 弟二人。 小さなころは、おっとり、のんびりしてました。外をぽーっと見てた子供でしたね。体育祭の足が遅かった思い出。給食のお話。 英会話は幼稚園より。 小4の時に、合唱部にスカウトされ、それからはハマったそうです。 洋楽も、基地が近かったので、そこから流れるFMが楽しみでした。 芸大を目指すが、ピアノの短期猛特訓をしすぎて、手を痛め断念。 宝塚も志望でした。 東京の短大へ、通学は叔母の家から、往復5時間はつらかったので、アパートに住見始めたら、凄く自由、快適でした。 卒業と同時、帰郷。 エアロビクスにはまる、インストラクターにまでなり、そこからのち、妊婦のためのマタニティービクスのための教員としての活躍、結婚、離婚、そして二人目のご主人との出会い。 アメリカ、サンディエゴ海外生活の始まり。 8年の間に二回の離婚経験。 シングルマザーとして、二人の子供さんを育て上げ、シェルターにまでお世話になったとそうです。 マッサージセラピストの経験、今のお仕事、妊産婦のナビゲーター、ドゥーラのお話。バイリンガルで、28年間妊産婦のお手伝いをされてきた、タカヨさん。 妊婦、出産、産後、母乳のケア、ご夫婦のペアレント教室を、サンディエゴ、ロサンゼルス、オレンジカウンティー地区で活躍中。 この実績を生かして、世界中でお母さんになる、または産後の女性との繋がり、個別面談をSKYPE上で新しいサービスの実現。 日英両語でアドバイス、コーチングさせていただいてますとのことです。 女性には必聴のエピソードです。 トップ5は、昭和のフォーク、ニューミュージック。 タカヨさんのウェブサイトは takayo-wakayama.corm/ 世界中どちらからでも ラインでのチャットでサービスのお問い合わせは Line ID […]

#65 男子二人のシングルマザー 救急救命士のキョウコさん 研修先のアメリカは西海岸シアトルより ダイアナ妃は救命することができたんではないか?アメリカと日本の救急救命体制の比較 ただ今国際恋愛中

October 10, 2016 ichibantalk 0

救急救命士の研修先ワシントン州シアトルより男子二人のシングルマザーキョウコさん。東京都多摩市出身。小さなころから負けず嫌い、人の世話好き、生徒会会長、ドッジボールでも大いに活躍。学校で、友達とうまくいかなこともあった。 体育の教師を目指していた。 国士舘大学の、その当時日本初の救急救命士養成課程へ、その後見事、女性パラメディック救急救命士に。 大学での恋愛、5年後結婚、残念なことに結果は離婚、男の子二人を連れての、シングルマザーとなる。 常に挑戦をする彼女、テンプスタッフ主催のチャレンジウーマンスカラーシップに応募、50倍の難関を突破して、晴れてワシントン州シアトルでの救命士の研修。 日本との救命体制の比較、また歴史的な救命ドラマといえば、フランス パリ発、英国王妃ダイアナ妃のトンネルでの車の事故のことも、司会者はつんのめって、キョウコさんとおしゃべりしています。 シングルマザー、子連れの母は恋愛中、ちょっと海外シアトルでの彼女の、最近のお話もしていただきました。