#80 フランスに2年リゴ トモミさん アメリカかぶれのお母さんの勧めで早稲田卒業と同時に塾長 婚期?ネット国際婚活そしてフランスへ 元塾長は今スカイプでストレス軽減 学習指導アドバイザーで大活躍中

December 10, 2016 ichibantalk 0

フランスに2年、ルマンよりリゴトモミさん いきなりラーメントップ5から始まります。フランスより日本でおいしい、ものすごく大金をつぎ込んだ、ラーメンランキングを発表。 大阪、枚方市出身。お父さんは、喫茶店経営。 お母さんはエステサロンを経営。アメリカに留学経験がある、とてもアメリカかぶれなお母さん。そのお店の上が実家。 3人姉妹の長女。 絵本をすぐ覚える、ジグソーパズルも任せてください。 3000ピースを完成させたことも。 小さな時から、妹たちに、塾の先生のようなことをしていました。 進研ゼミごっことかです。 学校は荒れてて、先生が気の毒に思いました。 そこで、違ったのは、中学校の時の塾の先生たちです。 ピアノの発表会にボイコットしたとお話。 大学は早稲田大学、経済学部。 大学1年の時に親戚のあるイギリスに初めての海外。 映画の一場面みたいな街角に、すごく感動。英語ができなさにショック。 後に英会話を習い始めました。 会計士を目指すが挫折、早稲田卒業後、職が決まらず、実家に戻り、そこで起業家のお母さんが黙っていません。 塾を経営してみたら?そこから、言葉だけでなく、行動力のあるお母さんの言うとおりに、気が付いたら塾長になってました。 その内容は大成功、一つ困ったことが、、、。婚期。 ネットで国際、海外婚活。 フランスの友人を訪ね、フランスへ。 7歳年下のご主人との出会い、結婚までのお話。 お二人の日本での生活、そして彼の国、フランスでの今の生活ぶり。 元塾長さん、学習のエクスパートとして、家庭学習アドバイザーとして、海外で日本語補習校で、勉強されているお子さん、またその親御さんに、スカイプで、楽にできる、ストレスがみるみる軽減する、チームワークでできる、学習法を提唱。 つまり要領よく、勉強すると、学力が楽に、アップということです。 お母さん、お父さん、必聴ですね。 […]

#71 カナダ、豪、ニュージーランドを4年 日本で新生活展開中のドゥモン中田裕子さん 海外のカスタマーサービスの苦情は得意です ワーホリは養鶏場で卵拾い 英語力アップ! NZ高級メリノウールの販売中

November 1, 2016 ichibantalk 0

広島県廿日市市出身 いきなり海外ブチ切れ トップ5から始めてくれました。さすがに気合入ってますぉ。 お父さんは消防所長、お母さんは、着物のお針子さん。 二人の妹、裕子さんは長女 とても厳しい家で育った。父のやり方に歯向かうどころか、怖くてそんなことができなかった。よく泣いてましたねぇ。 なんかいつもびくびくして、自分の色が出せませんでした。 その頃の楽しみはドキュメンタリーのテレビを見ること。 大学の進学の時も、家を出たかったんですけど、結局地元の短大に入学しました。 自分もあこがれていた、そして親御さんも押してくれた、フライトアテンダント客室乗務員の試験を受ける。残念な結果。 就職したが、英語をもっと勉強したいので、カナダへのワーキングホリデーを決行。 祖父の病状の悪化のため、急きょ帰国。 派遣社員でお仕事。 また資金をためて、今度は、オーストラリアのワーキングホリデー。 養鶏場の卵拾いとフランス人のご主人との出会い。 英語力がメキメキアップした9か月間。 帰国、東日本大震災、彼との遠距離恋愛、もう一度、オーストラリア、彼のいるニュージーランドで、妊娠が発覚。 日本で出産。 NZで、今度は子供さんと3人の生活。 いまいち、うまくいかない海外生活、こんどは故郷に帰って、家族そろって新生活を展開中です。 山口県に中古民家も購入、ご主人は専業主夫。 ゆう子さんの起業への意欲。NZメリノウールの紹介、販売のお話。 行ったり来たり、引っ越しは慣れっこですね、これは。 大忙しな裕子さん。 彼女のリンクは、 LINE ID: @noc0685p […]

#44 海外生活18年スペインよりヨシエさん 叔母がスペイン人で高校の時訪ねてスペインに魅了されました バッグが大好きなので思い切って自分のブランド立ち上げました *いつも日本人に見られないんですけど

September 14, 2016 ichibantalk 0

愛知県名古屋市出身 バッグ好きは家系ですねから始まり、100以上の大小のバッグコレクションでしょうね。高校の時おばさんがスペイン人だったので、ちょっと遊びに行ってきました。 それ以来スペインばっかりです。大学の時にもう一度スペインに帰ってマドリード・コンプルテンセ大学留学、帰りたくなかったので、必死で就職を見つけました。フランス人のご主人との出会いの話、パリで結婚、二人でやっぱりスペインに戻ってきました。 バッグ好きが高じて、8年お店に働き始めて、バイヤー、制作、デザインを手掛け、経験を生かして、こだわって、こだわって、最近自分のバッグのブランドIlyaを立ち上げて、世界を舞台に展開中です。 日本に帰ったら、必ずと言っていいほど、日本人に見られないんです。これに関しての、面白いエピソードを聞かせてくれました。 日本のセレブ向け情報誌「PAVONE」にilyaが掲載されています。10周年記念号は、日本で70000部発行されました。 カラオケ トップ5も選曲してくれました。 ヨシエさんのIlyaのサイトは www.ilya.es/ IlyaのFACEBOOK は www.facebook.com/ilya.madeinspain