#111 Hapa英会話のジュンさんのお母さんの登場!海外に39年ロサンゼルスで英会話学校を経営 ヨーコ セニサックさん 英国留学では毎日、日本に手紙、結婚で米国へ、アメリカ人の英語にブチ切れ、LAマラソン出場など

May 8, 2017 ichibantalk 0

上記のオレンジのプレイを押して聴いてください。 大人気のYouTuberのHapa英会話ジュンさんのお母さん。海外歴39年のベテラン。米国ロサンゼルスのトーレンスより英会話学校を経営されているヨーコ セニサックさん。 イギリス5年、アメリカ西海岸に35年。 30数年間、英語を教えてこられて、生徒さんはかわりましたか? イギリスで仕込んだ英語を信じ、誇りを持っていたことから、アメリカ人の英語が耐えれませんでした。 しゃべるたびに、一人一人、英語を注意してました。 もちろん、英語学校でも、英国の英語を教えていたんです。 そうこうしていくに、アメリカ英語にも慣れました。 山口県宇部市出身。 お父さんは軍医(海上自衛隊)52歳で他界。 お母さんは専業主婦、ヨーコさんは、一人っ子。 小さなころは、恥ずかしがり屋さん。転校が続き、友達が作れなかった。幼なじみがいない。美容師さんになりたかった。 転校が長く続いたが、やっと高校では、一つの女子高に入学、同じ高校を卒業。やっと友達ができてうれしかった。 父が厳しく、夜8時が門限。中、高校とも英語が得意。このころ翻訳家を志望。映画の字幕のお仕事とかにあこがれる。 高校一年で、イギリスに夏休みに短期留学 高校卒業後はイギリスの大学へ。 心配だけど、ご両親は、手紙をイギリスより日本へ、切手を貼り、毎日書くことを。要望。その当時は、Eメールはありませんでしたしね。 お父さんもヨーコさんに返信。でもその内容は? 一時帰国も、たったの一週間。理由は、お父さんが、英語を忘れたらいけないんでと。 お母さんのようになりたくなかった。女性は自立しなくてはと、このころより思い始めました。 失敗談、ウケそうなお話は、旅行に行った先のトルコでのお話。 ご主人の出会いは、イギリス留学を終えた後の日本で。 第一印象は?何が決め手で結婚にOKを出されたんでしょう? 結婚で、アメリカ西海岸、ロサンゼルスへ。 こんなはずじゃなかった。スーツケースに荷物を詰め、いつも日本に帰れるように、当初は、毎日準備だけはしていました。 […]

#108 公開録音!おなじみモラハラ相談のカナダのトモコさんも飛び入り 国際結婚相談所長 松本直子さんとメンバーさんとの女子会 海外生活Q&A 海外にお嫁に行く前に聞いておきたい、大真剣そのものの数々の質問集

April 21, 2017 ichibantalk 0

今回は、国際結婚相談所を18年経営、松本直子さんとその国際結婚を目指す女性メンバーさんとの女子会の収録。海外生活Q&A、海外にお嫁に行く前にぜひ聞きたい質問集をオンラインで公開録音。 回答者は、直子さんはもちろん、モラハラ相談でCihibantTalkで大人気のゲスト、カナダのトモコさんも飛び入り出演。最近47歳で赤ちゃんを出産された、元メンバー、ミネソタ州よりルナさん。 いつものように、司会者 Tatsumiも厚かましく、回答させていただきました。 今回46名のメンバーさんからいろいろな質問があり、その中から抜粋させていただきました。内容は、海外の結婚生活の不安など、真剣そのものですえ。婚活組、既婚組それぞれの興味津々な質問集です。 ◆これから結婚する女性からの質問 ー日本国内でできる 英語上達方法は? ー日本人女性に興味のある人外国男性は どんな人が多いですか? また、外国人男性は 日本人と違って 恋愛、デートのアプローチは違いますか? ー外国人の方が ペースが早いですか? ー 男性メンバーさんは 主にどの国から、またはどの地区から? ー女性メンバーの入会のきっかけ、理由など? ー メンバーの中で 写真?が苦手、写真用の服装などが しっくりこない 男っぽい身なりでも大丈夫ですか? ー 遠距離恋愛の進め方と、ビザや、永住権について […]

#107 国際結婚インドよりソノミさんワスさん夫妻 日本で激やせベジタリアンじゃ元気が出ないご主人のハマったものは?インドでの結婚式直後にぶっ倒れた新婦、パニック!ルピーのお札が急に使えなくなった日

April 17, 2017 ichibantalk 0

高塚ソノミさんは日本語教師。インド、アメリカ、フィリピン、ベトナム海外生活7年目、ご主人のワスさんとの結婚3年目。日本で留学経験がある、日系企業に働くご主人。 インドで、やめろと言われたのに、ストリートフードに手を出し、食中毒の妻。 これまた、インドでの結婚式での失態。 あまりに長い、三日にもわたる結婚式、披露宴。 半端じゃない300人の招待客。5キロは軽くある、民族衣装を着て、フラフラ。宴が終了直後、ぶっ倒れた新婦。 2016年突然インドの首相が、1000ルピーと500ルピーが使えなくなることを発表。そんなぁ?馬鹿な。 結婚式は司会進行役がなく、なんとなく始まり、なんとなく終わる。 暑くて気温45度、道路が溶け出す。 インドあるある話。法律で、妊娠中は赤ちゃんの男女の性別は確認できないなど。 ソノミさんの出身は、静岡県清水区。ちびまる子ちゃんと同じ。 9歳の時に他界される、お父さん。 お母さんは、事務員さん。3歳年下の弟。 学級委員をよくやる、しっかりした子供時代。少女漫画、少女小説が大好き。自分で小説を書いたりしていたとのこと。古本屋に行って、漫画を読むのは日課のようでした。 運動音痴な、彼女。逆上がりができなくて、放課後居残り。 中学は吹奏楽部。ただ、音楽室から、あこがれの素敵な先輩を見て楽しんでました。その頃の夢は、小説家。 地元の大学に進学。英米語科。大学3年の時に、アメリカ、インディアナ州に一年留学。 卒業後、日本語教師として、フィリピンへ。 アメリカのニューメキシコの大学院へ進学。 お父さんが船員だったこともあり、常に家には、海外グッズ、そして、海外のお話。 どうやったら、海外に住めるんだろう?そうだ日本語の教師になればと思ったそうです。 日本語教師をしてて、よくきかれること、チャレンジなこと。 さて、ワスさんご主人は。 日本語が勉強したかったわけ。 ジャッキーチェンの映画は日本の映画だと思っていた。(笑) 日本のピコピコと音のなる、信号に爆笑。 […]

#102 先週テレ朝にも出演!南米チリより松本真梨子さん 夜11時よりパーティ開始、朝5時まで、2重ドア自動ロックで締め出し食らって忍者のように屋根に窓から再侵入 、カナダ出会ってチリで結婚

March 20, 2017 ichibantalk 0

    チリ娘ことアントファガスタより、松本マリコさん。 海外ブチ切れトップ5も快調な滑り出し。 南米チリでの失敗談、忍者のアクションが必要だったとおっしゃるとんでもない経験。 犯罪防止のための二重ドアさらにホテルのように自動オートロック。 お料理の途中で、共計がてらに外に休憩。アッチャー、はい締め出し。さてどうなったんでしょう? 家の中は、料理中のため、ガスの火がまだついてる。 焦る焦る真梨子さん。 パーティ好きなチリの方は、夜11から始まって、朝5時までとか、ザラのようです。朝の2時に、ガンガン大音響。 日本の常識からは考えられない様子。 海外の経験はカナダに1年半ほど、そこで、ご主人と知り合って、チリで結婚。 この両国の国民性のお話。 日本は千葉県浦安市出身。 自営業を営むお父さん。弟が一人。 とても活発で、男の子と公園や空き地で鬼ごっこなど、外遊びが大好きでした。 忘れちゃいけない、東京ディズニーランド。日米の比較。 演劇も大好きで、お母さんと、よくミュージカルに、よく行かれたとか。 女優、芸能時になるのが夢。雑誌の編集者とかにも興味がありました。 高校は格安カラオケにはまって、それ以外はショッピング、お茶に行ったりと、ごく普通の女子高生。 明治学院大学、社会学部に入学。 もちろんバイトして、遊んで、あんまりお勉強もしない、典型な日本の大学生でした。 青春18切符って覚えてますぅ? それを使って、日本中、旅をするのが大好きでした。 日本中はみまっくたので、次は海外、卒業記念に、ドイツ、東欧に一人旅。 […]

#92 カナダに8年太田トモコさん 婚約破棄二回、同じ男性と二度結婚しました 子供と一緒に強制送還、DVシェルター、臨死体験、まだまだショッキングなことはあります 自分の経験を生かしたモラハラの被害者を救うコーチング業

February 2, 2017 ichibantalk 0

バンクーバー郊外ラングレーより太田トモコさん 1セント玉がなくなった話、臨死体験などショッキングなお話が続々。三重県四日市市出身。お父さんは、石油コンビナートに勤務。 4歳上の姉。 とても厳しい家に育つ。そのせいか、小さなころは、無口、根暗でした。 なんでも、お父さんにほぼ強制的に、従うご家族。 中学生のころ、ある一人のモテる男子から、好感もたれて、やっかみがあったんでしょう女子から嫌われました。 バスケ部では173cmの長身を生かしで、大活躍のトモコさん。 服は日本のサイズは、合わなかったですねぇ。 美術大学に行きたかったが、親が猛反対、断念。 お父さんの勧めで、地元の昭和シェルに就職。 やっぱり続かなかった。 車を乗り回して、自由を満喫してました。そこから、自分に目覚めて自立心が出てきて、変わっていきました。 婚約破棄を二回。 一回目は、男尊女卑の相手方の家風が耐えれず、破棄。 二回目は、婚約中妊娠をして、相手方に、中絶を強要され、破棄。 なんか、そんなついてない人生が嫌になり、カナダの農業体験プログラムに参加。 そこでご主人と出会う。 彼女の日本のお友達が義理のお姉さんになったお話。 妊娠、モラハラの夫。 日本で出産、その後、夫との連絡が途絶え、息子さんが4歳の時に、お父さんを訪ねて、カナダに、移民局で、大混乱。 強制送還を食らう。 2008年再入国、なんと、同じカナダ人男性と再婚。 モラハラ(モラルハラスメント)、DVシェルターの体験、臨死体験。 崖っぷちの彼らが、復縁するきっかけ、訳をお聞きしました。 数々の経験より、モラハラの被害者を救う、コーチングを開業。 カウンセリング、ブログ、セミナー、講演会に多忙な、彼女です。 […]

海外お役立ち情報 国際結婚、幸せのプロデューサーを18年 米国東海岸より松本直子さん 国際婚活に興味のある方は必聴!Q&A英語ができないんですが、オンラインで出会う危険性、結婚後へのアフターケアは?

January 30, 2017 ichibantalk 0

今回のIchibanTalk 海外のお役立ち情報は、国際結婚、幸せのプロデューサー、アメリカ東海岸ボルチモアより松本直子さん。 グローバルな結婚、国際婚活のゴールのお手伝い、愛のキューピットをされて、18年。 日本国内、海外の日本女性、海外在住日本男性、外国人男性の縁結び。 まずはSkypeでの無料相談、メルマガ無料登録は Kaiwa-USA.com Q&Aで * 近年増加するグローバルな結婚 * 会員になるには、英語力はどれくらい必要ですか? * 相談所を使わず、オンラインで出会うのは、安全ですか? * 直子さんの相談所での、安全性、信頼性に対しての、対策とは? * 縁があって、結婚成立後のアフターケアは?文化、生活習慣、宗教の違いからの悩み相談について * メンバー会員の受けられるサービス内容、料金について。 * 月一回、ニューヨーク、にゅーじゃーじーで開催される直子さんと直接対面コンサル、世界5都市で行われるイベントの情報 真剣に結婚の相手を探している、あなたに必聴です。 まずはSkypeでの無料相談、メルマガ無料登録は Kaiwa-USA.com オフィシャルサイト、お問い合わせは。 kaiwa-usa.com/index.htm 直子さんのアメブロ ameblo.jp/kaiwa-usa/ Facebook www.facebook.com/HappyNaoko?fref=ts Twitter twitter.com/KaiwaUSA_Naoko 彼女の大人気のエピソードは #90 […]

#90 アメリカに12年 東海岸より松本直子さん 36歳で留学 ビーガンって?主人は裸族ですね(笑) 20代後半の苦い経験から、信頼できる国際結婚相談所を経営して18年

January 24, 2017 ichibantalk 0

メリーランド手ボルチモアにご家族3人でお住まい。東海海岸と西海岸の違い? まだ聞きなれない、ビーガン主義者とは?超自然主義のご主人。電子レンジもありません。裸族というか、裸が好きなので、デートもヌーディスト、ビーチに行っちゃいました。 まだまだ、裸のお話は続きます。(笑) 東京生まれ、埼玉県旧浦和市育ち。 お父さんは機械工場を経営。お母さんは、専業主婦。 姉一人、弟一人。次女は、自由奔放そのものでした。 おさがりをいやほど、着さされました。 ファッションは、なるべく、おさがりを避けるため、スポーツウェアばかり。 漫画家、歌手になりたかった少女時代。 どこでも、基本歌ってました。 月刊、明星の付録で完全暗記をした、歌謡曲。 振りも、歌番組よりマスター、ハモルことも今でもできます。 昭和の歌謡曲、ギャランドゥの意味についても、深く語りました(笑) バスケのキャプテン、マラソンは、陸上の部員よりも早かった。ハワイのフルマラソンにも、2回ほど参加。 高校生活は進学校のため、勉強が大変で、美大を志望。 お受験への準備、絵を描くことに明け暮れる。 高校で、ほのかに留学にあこがれる。 美大に見事合格。 卒業後は、いつかは海外という気持ちが強く、フリーター生活。 20代後半で味わう、苦い結婚詐欺事件。 泥沼化し、なんと多額な借金まで抱え込んでしまうはめに。 複数の仕事を抱え、出勤を長年かけて返済。 その余ったお金で、なんと、今度は株式に投資。 その結果は聞いてのお楽しみ。 苦い経験から、信頼される国際結婚所を起業。 […]

#82 ドイツ5年米国に8年NYよりフルート奏者 藤井カオリさん ドイツで米国人と思われて嫌がらせの行為 イギリス人に化けました(笑)日本最年少で3大コンクール総なめ アフリカで音楽を教えるのに大忙し

December 20, 2016 ichibantalk 0

海外に住んでみてわかった日本のすばらしさの発表からスタート!必聴、コンサートや、いつもカメラにポーズをしている、カオリさん、司会者はそのメークアップの秘密に迫ります。商品名まで聞きこんだんで、メモのご用意を。 お父さんはクラリネット奏者、お母さんはピアニスト、お姉さんもピアニスト。真のプロの音楽家族。 お姉さんは、幼少2歳の時から、ピアノの英才教育、カオリさんは、私はご免、とんでもないと思って、幼少期を過ごされますが、11歳の時に、家族コンサートを催し、カオリさんだけ残して、ご家族は練習に大忙し。 そこで子供心に、のけ者扱いされた気がした、彼女は、私も楽器がやりたーいと、始めたのがきっかけで、そこからフルート、音楽漬け。 東京芸大付属高校、10倍位の難関を突破。 大学もフルート専攻 19歳で、日本3大コンクールにすべて最年少で優勝。 CDデビュー。 大学院はベルリン近く。 そこで彼女を悩ませた、嫌がらせの手紙。 ユニークな対処法を紹介。 帰国後、CD制作に大忙し。 NY録音の機会に恵まれ、やがて、私もいつかはNY生活、アーティストビザにより、それを実現。 今までとは違う、たった一人でのアパート暮らし。 ご主人との出会い。結婚。 お酒がだいすき、超高級ワインOpus Oneのお話。 音楽の人生観を変える、あるイベントに参加。 そこから、今までの音楽生活を振り返り、違った方向性で世界の人々に音楽を伝えたい、NPOボランティアとして、アフリカのコンゴでの、音楽支援活動。 素晴らしい情熱をお持ちの音楽親善大使、フルート奏者の藤井カオリさんです。 カオリさんのサイトは www.kaorifujii.net 音楽ボランティア活動の詳しい情報は www.musicbeyond.org   […]

#74 第1回公開録音より カリフォルニアに19年 妊産婦のナビゲーターの若山タカヨさん 新しい命のお手伝いができて幸せ 2回の離婚経験 昭和の懐かしいフォークソング イルカって変な芸名ですね(笑)

November 16, 2016 ichibantalk 0

第一回公開録音より。カリフォルニア州サンディエゴに現在お住まい。 青森県八戸市出身 お父さんは和洋菓子さんを継ぐ、お母さんは店の専務さん 弟二人。 小さなころは、おっとり、のんびりしてました。外をぽーっと見てた子供でしたね。体育祭の足が遅かった思い出。給食のお話。 英会話は幼稚園より。 小4の時に、合唱部にスカウトされ、それからはハマったそうです。 洋楽も、基地が近かったので、そこから流れるFMが楽しみでした。 芸大を目指すが、ピアノの短期猛特訓をしすぎて、手を痛め断念。 宝塚も志望でした。 東京の短大へ、通学は叔母の家から、往復5時間はつらかったので、アパートに住見始めたら、凄く自由、快適でした。 卒業と同時、帰郷。 エアロビクスにはまる、インストラクターにまでなり、そこからのち、妊婦のためのマタニティービクスのための教員としての活躍、結婚、離婚、そして二人目のご主人との出会い。 アメリカ、サンディエゴ海外生活の始まり。 8年の間に二回の離婚経験。 シングルマザーとして、二人の子供さんを育て上げ、シェルターにまでお世話になったとそうです。 マッサージセラピストの経験、今のお仕事、妊産婦のナビゲーター、ドゥーラのお話。バイリンガルで、28年間妊産婦のお手伝いをされてきた、タカヨさん。 妊婦、出産、産後、母乳のケア、ご夫婦のペアレント教室を、サンディエゴ、ロサンゼルス、オレンジカウンティー地区で活躍中。 この実績を生かして、世界中でお母さんになる、または産後の女性との繋がり、個別面談をSKYPE上で新しいサービスの実現。 日英両語でアドバイス、コーチングさせていただいてますとのことです。 女性には必聴のエピソードです。 トップ5は、昭和のフォーク、ニューミュージック。 タカヨさんのウェブサイトは takayo-wakayama.corm/ 世界中どちらからでも ラインでのチャットでサービスのお問い合わせは Line ID […]

#73 アメリカとウクライナを10年 キエフより高垣フミヤさん 元ボクサーがウクライナのディスコで大暴れ 結婚相談所に踏んだり蹴ったりですわぁ だから自分で納得のいく結婚相談所をやりだしました

November 8, 2016 ichibantalk 0

大阪、守口市出身 弟、妹の三人兄弟。 お父さんは、建設業経営、お母さんはその会社の専務ですかね。(笑) 海外での失敗談、失態談よりぶちまけてもらいました。 はっきり言って、迫力満点で、司会者は椅子から落ちそうになってました。 いたずら大好きな、お子さん時代。 このやんちゃ具合も、半端じゃやないっす。 石切神社の話とか、かなりローカルで、最低司会者にはウケまくってました。(笑) 高校の一年の時にシアトルに夏季短期留学。 高校では アメフトで、ラニングバックのポジション。 やたら、体育の能力にずば抜けているフミヤさん。 国公立大学への挑戦。失敗。浪人。 そこから、ボクシングジムに通うようになり、人生が変わり始めます。 アメリカへの、フライト訓練学校への入学。 日本へ帰国、不況のあおり。 お父さんの建設業をお手伝い、また、自分で起業、副業も、好調だったり、そうでなかったりと、人生波乱な彼。 以前から好きだった、ハーフタレント、ロシアとも縁結びの結婚紹介所に相談。そこで、いろんな災難に会います。 自分の目で確かめに、ウクライナまで行って、何がどうおかしくなったのか調査。 そして、今度は、もっと信頼してもらえる、結婚相談所の自らの経営となります。凄いですね。ロシア、ウクライナの結婚所のエクスパートが、本業になるわけです。 奥様も、4年の恋愛の末、ご結婚。30歳以上離れてても、なんのその、とても幸せに、キエフで、観光業、また今度、外食レストラン業にも、大忙しです。 彼の結婚相談所のサイトは、 ukraine.blog.jp/ Twitterは twitter.com/UkraineJPNlover