#187 突撃取材!オレゴン州ルリ子ドレークさん、地球人、日本人です、DNAは宇宙人です、チップを身体に埋められた、証拠写真も一挙公開、地球を救う宇宙人、米国UFO見学ツアー参加のお誘い

November 12, 2018 ichibantalk 0

アメリカに24年オレゴン州レイク オスウェゴよりルリ子ドレークさんとの取材インタビューの模様をお楽しみください。 あまりにも衝撃の発言が続々出、司会者Tatsumiは椅子から落ちっぱなしです。 北海道で生まれ育った、いわゆる地球人、日本人ですが、宇宙人のDNA を持つ、いわゆる宇宙人の受精卵より生まれたという、とてもショッキングな内容のお話です。 アメリカで、台所から目撃したUFO の体験より、彼女の生活は180度変わっていきます。 宇宙人が地球を守るとも、声を大にして言っておられます。 いろんなことは、聴いての、お楽しみということにしておきましょう。 彼女はワシントン州で、とても珍しいUFO 見学ツアーを主催されてます。 内容もびっくり、少ない時でも、UFO が20基みえますのとのこと UFOツアーの詳細は、Facebookでつながって、問い合わせてください。 Ruriko Drake  まで。 ジェームズ氏、アメリカ人UFO 研究家 UFOの研究で、とても有名な秋本眞人氏と ノーマン・リキヒサ氏、「宇宙の鼓動」の著書をはじめ、UFO が呼べたり、ETコンタクティーです。   番組でもお話している、皮膚の異常    

#186 【公開録音】リスナーとの懇親会、アメリカペット事情、ペットのQ&A、赤ちゃんを救った犬、行方不明一か月後に帰還した犬、TVを見るウサギ、ネズミも調教、空港で私の荷物を犬がクンクンすると大緊張

November 5, 2018 ichibantalk 0

先日カリフォルニアはアーバインで収録した公開録音の第二弾。 リスナーとの懇親会の今回のテーマでもある、ペット談議に花が咲きました。185話のエピソードの犬のトレーナーアレックス玉木さんを囲んで、見学者も飛び込みで、参加してくれました。 ペットもいろいろあります。もちろん犬猫は、一番人気がありますが、ウサギを飼ってる人、鳥、馬、爬虫類、ねずみなど。 もちろん内緒で猛獣を飼う人がアメリカにはいます。 今回のQ&Aでは、犬に関しての質問が多く、犬の専門家である玉木さんは、一つ一つの質問に、親切に回答。 たとえば、 犬が嫌いなんですが、好きになるには、どうしましょう? 老犬が夜泣きをします。どうしたことでしょう? 二匹目を飼ったとたんに、無駄吠えをするようになりました。どうしましょう? 外出するとき、ワンちゃんと別れる時のワンポイントアドバイス。 子犬の選びかたは?どの犬種を選びましょう? 二匹目の選び方。 一日で約一万匹の犬が保健所によって、安楽死させられています。無責任な飼い主の実情。 保健所犬、レスキュー犬をひきとる時のアドバイス。 警察犬だけではなく、多方面で活躍する、アメリカのサービス犬たち。 犬の健康法。秘蔵のコミュニケーション方法などなど、楽しい、とてもためになる、内容で進行できました。 忙しい中、懇親会に参加してくれた皆さんありがとうございました。 犬のトレーナーのアレックス玉木さんのエピソードはこちらから。 #185【アーバイン公開録音】アメリカはカリフォルニアに42年クニアキ・アレックス玉木さん、留学、現地採用、営業、半リタイア生活より57歳で犬のトレーナーの学校に入学、危機一髪!銃撃戦に巻き込まれた⁈

#185【アーバイン公開録音】アメリカはカリフォルニアに42年クニアキ・アレックス玉木さん、留学、現地採用、営業、半リタイア生活より57歳で犬のトレーナーの学校に入学、危機一髪!銃撃戦に巻き込まれた⁈

October 29, 2018 ichibantalk 0

 久々のカリフォルニア・オレンジカウンティーはアーバインで公開録音より。パート2も来週、 今回そして次週は犬好き、動物好きの私にとっては、たまらない収録になりました。 アメリカ生活42年のカリフォルニア・アリソビエホにお住いの、クニアキ・アレックス・玉木さん。 これはたぶんIchibantalkの最長海外在住記録だと思います。 日本で大学卒業後、すぐカリフォルニアに留学。 4年もいたらアメリカから、離れられなくなりました。 親を裏切ったことにはなりますね。(笑) 現地で国際輸送関連の営業その他のお仕事に就かれる事、ほぼ30年。頭にはリタイア生活のことを考え始めた、その時、飼い犬の調教に熱心になる自分に、これからの第二の人生を見出す。 あら、意外な発言。 もともと犬は苦手だったんですよ。 よしっ、犬のトレーナーになろう!と決めてさっそく、学校に入学。 そこでは20,30歳代の人たちと肩を並べて、日々勉強。 見事トレーナーに。 トレーナーのこぼれ話も、興味津々。 ワンちゃん教室あるある、女性の犬の飼い主さんとの、自宅にお邪魔したら、、、。 国際輸送会社で勤務していた時の話、倉庫というのは、アメリカではちょっとあやしい地区になったりします。夜はうろうろしたくない地区ということです。 そこで起こった、まじで命拾いの危機一髪な出来事。 また、1978年に起こった、ということは、まだ日本から来た当時に起こった、こちらのモーテルでの命びろいをした事件。 色にろなお話が聞けました。 来週は、玉木さんを交えて、リスナーとの懇親会の模様をお届けします。 犬、動物への質問、回答がたくさんで、これまた動物好きの人にはたまらないエピソードです。こうご期待。 彼の詳細は http://www.aikendogtraining.com/ Facebookでつながりましょう […]

#184 FBライブ!海外に13年フィリピンよりデ二オン・キヨミさん、NCIS ネービー犯罪特別捜査官の妻、メイド付き便座なしのマニラ生活、米軍基地の内緒話、45歳から美容学校、美肌のスキンケアを紹介

October 22, 2018 ichibantalk 0

フィリピンはマニラよりキヨミ・デ二オンさん。アメリカに13年そして、この夏よりフィリピンに来ました。 NCISの妻、 あの米国CBS の人気番組のNavy Criminal Investigation Service の略式な言い方。訳するとネービー犯罪特別捜査官の妻です。 なので、何をしてるのか細かいことは何も言ってくれません。 言えないのです。FBI、CIA なんか、そういうのと似てます。 日本で知り合い、山口県岩国に結婚生活は始まり、沖縄県、バージニア州、そしてカリフォルニアのサンディエゴにいました。 結婚してほぼ四半世紀。 二人の娘に恵まれました。 アメリカにいたころと比べ、180度変わったマニラの生活。 悲しいですが、大貧困な人々でいっぱいです。 雇用最低賃金も、1ドルくらい、または以下なんでしょうか?メイドさんを皆さん雇っておられます。私も、その一人、ずいぶんアメリカの時と比べ、家事が本当に楽になりました。 驚くことはたくさんありすぎですが、便座のないトイレには、目がテンになったのを覚えてます。 そのほか、皆さん原チャリ、単車を家族全員で乗ってる、安全性はゼロ(笑)、ヘルメットなしで、さっそうと運転されてます。 命の価値が日本や、アメリカと比べて違うようです。 タガログ語と英語を混ぜた英語というのもあります。 なので、この英語はなんのこっちゃーと、最初は見当がつきませんでした。 オーガニックのお野菜の恐怖というのも紹介しておきます。科学肥料を使わずにというのは、理解してるんですが、こんなことになるとは。 広島県廿日市市(はつかいちし)出身。 広島カープの熱狂ファン。 […]

#181 司会者の自宅で収録!パリのリミさん家族と3週間アメリカを珍道中、フランス人主人が道に迷いブチ切れ、23年ペーパードライバーが馬鹿でかい霊きゅう車で4州をドライブ制覇、フランスとの違いを大比較

September 24, 2018 ichibantalk 0

フランスに23年のリミさんがパリから私の自宅オレンジカウンティーに遊びに来てくれました! ほぼ3週間ご家族とアメリカ、カリフォルニアを含む4州をドライブで制覇。 23年のペーパードライバーが、いきなりアメリカででっかい車種、アメ車、霊きゅう車のような車で運転。 フランス人主人は夜中道に迷い、サンタモニカのホテルが、ロスのダウンタウンに到着、ブチ切れ。 アベニュー、ブルバード、ストリート、道のいろいろ呼び名があり、GPSに入れ間違い。 フランス人の運転、駐車のスタイルは勝手ですよ。 はい、夜中ホテルに着いたら、今度は入れない。 フランス人は、ビールを飲まないと思ってました。 まだまだ波乱なアメリカ珍道中。 さて、どうなったのか、聴いてみましょう。 これがうわさのキャデラック大型SUV ご家族でスピリチャルで有名なセドナ アメリカの東海道五十三次、カリフォルニアのルート66 ご家族で爆買い、アーバインのスペクトラム ターゲットでビーチタオルをゲットして、ビーチに飛び込むが、夕方過ぎ、寒くて退散。ぜひ次回に。 思い出のサンフランシスコ

#179 ロサンゼルスに留学できて31年、橋之口トオルさん、引っ越し会社社長自ら語る夜逃げのお手伝い、札束も梱包したこと、夢は刑事でした、ロス疑惑の結末

September 10, 2018 ichibantalk 0

アメリカはロサンゼルスに来て31年、橋之口トオルさん。 国際、アメリカ国内引っ越し会社を経営する彼は、お引越しのお宝話がわんさかとあります。 こんなん聴いてもいいんですかというくらいです。 まずは夜逃げ編、いろいろな事情で、急な引っ越しを頼まれることも多々あるとか。 札束を梱包編。やれと言われれば、断れないですよね。多分。 ヤクザの彼女を救う。 なんか、正義感の強いトオルさんだからかもしれません。 これまた、なんかやばい状況です。 そのほか引っ越し業のお宝話を紹介してくれました。 メキシコの空港で焦ったこと。空港とはいうのは、本当に厄介なところ、場所がメキシコでよかったかもしれません。 Gメン75って覚えてますか? あれにあこがれて将来は絶対刑事になると夢見てました。 その夢は果たせませんでしたが、ロスに来てからも、機会があれば、友達のLAPDロス警察の人に頼み込んで、捜査や巡回パトロールについていったものです。 ちょっと昔はロスといえば”疑惑”でした。そうあのロス疑惑は、どうなっちゃったんでしょう。地元ならでは情報も教えてくれました。 刑事になりたかった彼のお得意な分野。LAPDアジア班、捜査部長のジミー佐古田さんの名前出てきました。 日本の武道を通して国際親善に忙しいトオルさんの元気な声をお楽しみください。 ロサンゼルスを拠点に躍進するアメリカ国内、もしくは国際引っ越しのご用命は https://www.greenliner.com/ Facebookでの友達のリクエストは https://www.facebook.com/toru.hashinokuchi?fb_dtsg_ag=Adx6C7nhmSyn300EDweZfy9Nhe0DEVtM_VgG8ggf8Yw7OQ%3AAdyIeQcPBxCZMdPv1WdSU2cRTDfg5bAVT8XOgag0O1Xl0A  

#177 ヤクザの娘さんオーラ鑑定士ミエさんとFacebook ライブ、アメリカにもお化け⁈、ニューオーリンズのゴーストツアー全容と心霊ビデオ、スピリチャルなセドナで何が?迷惑電話の対策

August 27, 2018 ichibantalk 0

    初のFacebook ライブをレギュラーのヤクザの娘さんこと、オーラ鑑定士ワシントン州のミエさんとやってみました。 大阪のおばちゃんふたり、テクノロジーに弱い私たちでも、ライブストリームができる!(笑) 10日間のバケーションより帰ってきた司会者Tatsumi、アメリカ、ルイジアナ州ニューオーリンズのゴーストツアーのご報告。 アメリカにもお化けはいる! 心霊写真や心霊ビデオを撮る、ツアー客。 それまで半信半疑だったが、隣のおばさんが、アーラ見てみて、このビデオ、きゃぁー映ってるわ。本当だ、見える、これはホンマもの。 撮影者のレフレクションもあるが、それ以外に真ん中にどっかり、何やら動くものが、、、。 そのほかニューオーリンズにある観光名所フレンチクォーターは小さな地区なのに、やたら怪談話がある。吸血鬼バンパイアのお話も。 自殺や他殺、最近の10年前のお話から19世紀にさかのぼったり、ゴーストツアーの全容、おぼえてることすべてお話しました。 ミエさんはアリゾナ州観光名所スピリチュアルな場所で有名なセドナに行った時のお話。 淡路島に行った時の奇怪な体験談。 それから、家を買うときは要注意というか、自分が感じるがまま買うのがおすすめ。 もう一つおまけに、司会者が金縛りにあった体験談など。 最後はアメリカの迷惑電話が多いこと。スマホだけにしてもまだかかってくるセールス。 英語ではなく、いきなり中国語の録音が流れたりする珍しいものやら、これにどう対処をしていこうか、二人でおしゃべりしてみました。 心霊ビデオを、ツアーのおばさんよりビデオを分けてもらいましたので、IchibanTalkのサイトよりご覧くださいませ。超短いので、なんでも見るのはアリです。(笑) 私が参加したゴーストツアーの参加者の一人の女性の心霊ビデオはこちらから ビデオをもう一つのスマホでプレイしながら撮影、私の指に注目してください。 赤い服を着た少女が右から左に横切って、また右に引っ込んでいきます。テーブル右横に注目。撮影者のリフレクションも大きく映っていることから、この少女は説明のつかないものが、スマホのビデオに映ってるということになります。(細かく言うとiPhoneのライブフォトというモードだと思います。)をエアドロップして、分けてもらいました。https://www.facebook.com/tatsumi.zeider/videos/1007357309438258/ 俳優ニコラス・ケージさんも保有していた大豪邸、昔こちらで50人も登る残酷な殺人があった場所。 フレンチクォーターの街並み テレビドラマ、アメリカンホラーストーリーで一のシーズン3、一躍有名になった撮影現場のお屋敷。ガーデンディストリクトに位置しています。 […]

#176 久々のLA市役所員ジュンペイさん、夏の無料コンサート、来てたの⁈ワンオクロックのTAKA、マドンナの作曲の秘話、ビーバー婚約、ワインスタイン氏のセクハラ事件の真相、80年代イントロクイズ

August 20, 2018 ichibantalk 0

あーら、久々です、お元気でしたか?ジュンペイさん。 アメリカ生活24年、ロサンゼルス市役所員、レギュラー陣の彼とのお話は、夏のカリフォルニア無料コンサートの報告。 私は80年代のロック、コピーバンドの近所のコンサートに行ったこと、彼は残念なことに、日本で有名なワンオクロックの主軸メンバーTakaのコンサートに行きそびれたこと。 80年代のイントロクイズもやってみました。 超有名DJ ことAviciさんの自殺、そしてレディガガのビデオで、一躍有名になったZombieBoyの不幸な最期。 私たちってお年なんでしょうか?すぐエンタメ界の他界された人の話になっちゃいます。(笑) 他界しかけたデミー・ロバートさん、幼少時から芸能界に入るとトラブる可能性が高いですかね。 いーや、そうでもないジャスティン・ティンバーレイクさん。 マドンナの曲作りの疑惑。 アバの再結成の可能性は? #MeTooムーブメント、映画のドンことワインスタイン氏の事件の真相に迫る。 そうでした、ジャスティン・ビーバーの電撃婚約。お相手は? バルドウィン兄弟はたくさんいますね。 日本に行かれたんですよね。 目の回復の報告。 脳ドックって? 懐かしのソニービルの思い出に盛り上がる私たち。 ジャスティンビーバーの婚約 Avicii Zombie boy 映画のドン、セクハラの事件の中心人物、ワインスタイン氏 Tweets by […]

#175 北カリフォルニアよりOCまで大谷翔平の応援に来ました!Tatsumiの自宅にてアキコさん家族と収録、11か月の親子留学の報告、犬も大興奮なプール際のパンツのミステリー、修学旅行でのハプニング

August 13, 2018 ichibantalk 0

いつもおなじみ大人気の北カリフォルニアはサクラメントのアキコさんとご家族が、南カリフォルニア6時間かけて運転してオレンジカウンティーに遊びに来てくれました! 一番の目的は日本字として大谷翔平を目の前で見て、応援したい。 応援のプラカードも準備万端。 はるばる遠いところから、私に会いに来てくれてうれしかった。 プールサイドでBBQパーティー。 おこちゃまの長女12歳セナちゃん、次女の9歳ルイちゃんも、おしゃべりに参加。 丸一年、アメリカの現地校に通ったご報告は、本当にお宝話です。 親ばかなアメリカ パンツのミステリー。 アメリカのプールって大丈夫? 皮ごと食べる果物。 学校からの旅行のハプニング。 スタバが浸透する中学生。 通学に利用する新種の乗り物。 結構普通の道で、歌って踊る人を見かける。 校風、校則めっちゃゆるゆる。 ペコちゃんのあめの話。 服がびちょびちょ、シャワー浴びたぐらい、水見出しで遊ぶときは遊ばせるアメリカの学校と親たち。 成績のいい子供は、みんなの前でっ表彰する。 ほぼ一年過ごしたアメリカ生活、親子留学、たくさんおしゃべりしてくれました。 これが噂の二刀流バブルヘッド 試合に行ったら、その日はこれがもらえた。 私の自宅にきてくれました。プールパーティでご機嫌なお子ちゃま達。 ニューポートビーチにて 私の友人トニーさんの娘さんが球場内で、こんなラッキーなことが起こった。うらやましい。このバックパックしょってるのは正真正銘の大谷翔平選手。

#174 アメリカとカナダに20年、ハワイ、カイルアよりアイコ・ヘミングウェイさん、今からでも遅くない英語の発音の矯正、留学先の小さな田舎町でピアノでアピール、後半はちょっと変な感じ⁈日本人同士で英語でおしゃべり

August 6, 2018 ichibantalk 0

ハワイ、オアフ島カイルアよりアイコ・ヘミングウェイさん。 アメリカに18年、カナダに2年。 北カリフォルニアの小さな町ラッセンに留学したのはいいが、日本人がいない環境は素晴らしいかったが、シャイな彼女はなかなか、地元のコミュニティーと解けこむことに、ご苦労されたようです。 そこで以前から自身の少しあった、ピアノを弾くことによって、自分をアピールできたという、成功談。 やがてUCLA大学言語学を学び、いろんな失敗を繰り返して英語をモノにし、いまは特に「今からでも遅くない、英語の発音の矯正」でオンラインなどを使って、レッスンをされています。英会話に関しての教材の販売。ポッドキャストの配信。 洋画や海外テレビドラマの字幕の翻訳業にも大忙し。 今はグレイハウンドは女性にとっては、怖い地区あるこを知ってますが、その当時は、何も知らずに、大きなカバンをベンチに置いたまま、おトイレに行っちゃいました。 それで、どうなったんでしょう? 発音が紛らわしく、みんなに大笑いされた思い出。 アメリカとメキシコの国境での大失敗。パスポートだけで十分と思い、アメリカを後にして、ティワナに行っちゃいました。 アメリカの田舎町はハンティングを趣味にしてる人が多いんです。 いわゆる銃がゴロゴロ家にあったり、もちろん狩りに出かけるわけです。 国際結婚、ご主人はアメリカの黒人男性、まだまだある差別について、語ってくれました。意外にアジア人よりも、さらに差別を感じる時が多々あるとか。 英語の発音の先生と、司会者Tatsumiは、ちょっと変ですが、日本人同士で後半は、二人で英語でおしゃべりしてみました。 時間も大延長してのおよそ90分。お楽しみください。 彼女の情報のリンクは http://schwagirl.com/ http://thevoiceofenglish.libsyn.com/ https://twitter.com/aiko2232 https://bit.ly/2vWHH84