#27 カナダのトロントに一年ほど語学留学 今は東京一人暮らしのアンナさん 大阪人を常に意識する彼女、カナダは18歳から飲めます、双子のメカニズム、盛りだくさんの60分

September 28, 2016 ichibantalk 0

大阪四条畷市の出身、双子の長女として生まれる、ここで双子のメカニズムのお話をちょっとしていただきました。西洋の国では、結構双子の人に出会いますが、日本は比較的珍しいので、ここぞとばかしにいろいろ聞いてみました。後、カナダは18歳で飲める、よっしゃーカナダに行こう、そして帰ってきたら日本での飲酒年齢やん 完璧!と思ったかは定かではありませんが、パーティを通じての、留学もあっていいと思います。気が大きくなったぶん、語学が上達するのは確かです。遊学留学大賛成!今は英語が上達した結果、東京で英語が生かせるお仕事で、頑張るアンナさんです。 彼女のTWITTERは www.twitter.com/cm_anya223

#34 海外9年のバンクーバーのヒロさんは、幼少期の2年間米国で過ごす、いまいち学校で友達とうまくいかないが、高校2年から大学もカナダで 元気にやってます。地下鉄の痴漢って男子も襲うみたいですよ(笑)

September 22, 2016 ichibantalk 0

海外生活9年。大阪市北区出身のヒロさんは大都会で生まれ育っただけに、バンクーバーってちょっと田舎ですよねぇから始まり、1歳の時から2年ほどお父さんの転勤でアメリカのネブラスカで暮らした経験、小学校の低学年から、友達といまいちうまくいかない日が、結局高校まで続き、二年生の時にカナダに留学、転校のお話、高校、大学の様子、今は、大学卒業を目指して頑張ってます。趣味は、鉄道好き、DJも経験、映画も好きな5本選んでくれました。もちろん大阪弁でバンバンお話ししています。(笑)

#57ニュージーランドを含む3か国を海外生活8年 助産師 3人の母、博士課程NZ留学生のケイコさん 下ネタ注意報といっても性教育の話、着物生活は快適、下着は付けてません  ガンジス川で棺桶浮いてました

September 9, 2016 ichibantalk 0

ケイコさんは宮崎県宮崎市の出身の助産師。着物生活は快適ですよから始まり、さらに突っ込む司会者、ということは下着は?お子さんは、ご主人は?しつこく この話題を追求しました。堪能してください。(笑) 後、インドに行ったときにびっくりしたこと、ガンジス川に棺桶が浮いてました。また、凄いお話。 憧れの助産師になるまでの過程、また、それを追及して、助産師の勉強の仕上げは、ニュージーランドと、どんどんキャリアを積んでいく素晴らしいお話。 もちろんカナダ人のご主人との出会い、カナダに行くは、宮崎に帰るは、NZで住んだり、今は博士課程を修了するため、和歌山県とNZの往復。大忙しの3人のお母さん。 さらには、日本で性教育も教えていたという、貴重な経験。 この部分は、下ネタというか、医学的な用語が出てきますので、子供さんには注意です。 今までいろんな人とお話してきますが、この母ちゃんはパワフルです。はい。 ケイコさんのTwitterは twitter.com/KeikoDoering 彼女のサイトと、ブログのサイトは nzbirth.com/