#205 シンガポールに11年今はイギリスの片田舎とロンドンの往復生活中のマリコ・ラベンダージョーンズさん、お粗末なタイの結婚式の写真、3か国で3人のママ、海外でガンを宣告されたら?心と体の応援団長

April 1, 2019 ichibantalk 0

日本で結婚生活が始まり、子供3人を連れて、夫の海外赴任先シンガポールに11年、そして夫の国、イギリスに住んで5年ほど、マリコ・ラベンダージョーンズさん。ロンドンと片田舎は北コッツウォルズとの往復生活中。オックスフォードの近辺と言ったら、わかりやすいかもですね。ロンドンのお宅はウィンブルドンに近いそうです。そうです、あのテニスで有名な土地です。 シンガポール時代、乳がんの宣告。まだ小さな子供たち、3人を抱えての状況。さて、どうなったんでしょう。 Marcoと勘違い?Marikoと似てるので、一緒にされたんでしょうか、それとも、当時ショートヘアだったせいか、男子と間違われることに。 結婚式のカメラマンを現地タイで適当に雇ったら、ドンでもないことに、シックで泣きました。慣れない手作り結婚式、披露宴でありがちなこと。 ベトナムの新婚旅行でのハプニング。 海外プチ鬱のはなし。3人の子として、妻として努力するのだが、すべて空回り。 ご出身は神奈川は逗子市。子供の時のお話。 現在のお仕事は、ガンでの入退院を繰り返して、改めて、自分の健康を考え、そして、ヨガとめぐりあい、自分の体とうまくつきあっていく、心も体の健康のバランスの重要さ、ヨガのクラスを教えながら、一人ぼっちで頑張ってるお母さんのために立ち上げた、コミュニティーでの活動。そしてオンライン養生講座と、世界中の女性の心と体の応援団長にお忙しい彼女です。 マリコさんのウェブサイトは http://marikoyoga.com Facebookのコミュニティーページ http://facebook.com/MarikoYogaTherapy Twitter(写真の紹介の後を参照) インスタグラムは https://www.instagram.com/mariko.yoga/ Facebookでつながりましょう https://www.facebook.com/mariko.lavenderjones アメブロのブログサイトは https://ameblo.jp/pranayoga/entry-12451225955.html

#81 シンガポールの寿司店経営 荒川ナオキさん ここでは車を持つの無理ですね 税金100%なんで 魚はやっぱり焼津からでないとぉ リスナーにいきなり嬉しいオマケ プレゼント を発表!

December 15, 2016 ichibantalk 0

シンガポールのリスナーさんにはナオキさんよりオマケ プレゼントを発表!静岡県駿河区の出身、荒川ナオキさん。お父さんは代々のお茶屋さん、お母さんはそのお手伝い。3人兄弟の次男坊。 高級車が多いシンガポールですが、車に対しての税金が100パーセント。なんかほとんど夢だとのこと。配達中でのバイクの事故の話、とにかく静岡をしょって、大の魚好きともおっしゃってました。 幼少の時から、海に潜って、サザエや魚を取るのが、大好きだった。 お父さんについて、お茶の配達の時にお寿司屋さんの店主にかわいがってもらった思いで、そこからですかねぇ いつかはお寿司屋さんと思うようになりました。 高校は10パーセントだけ女子だった、水産高校。 高校卒業後、上京して寿司屋で3年修行、そこでクビ、ほかの仕事をしてみるが、やっぱりすし屋。 地元静岡の人気店スエヒロで勤務、30を機に独立。その頃自分の言っていた、歯医者さんの、衛生士と恋愛、結婚。 アジア旅行の好きだった彼には、超マッチした、シンガポール、オーチャードに念願の店を持つことを決意。 もちろん、空輸で焼津のお魚がネタが売り物。 子供さんと奥さんを残して、単身赴任。 オーチャード通りのカッページプラザ内の 寿し処 直ナオ 5 Koek Road,#06_03 Cuppage plaza Singapore  

#16 マレーシア、韓国、ベルギー,シンガポール 海外駐在歴11年 今日は駐在先のインドネシアより タケウチさんです 衛生状態やばいですよ 現地のトイレの話で盛り上がりました

October 1, 2016 ichibantalk 0

赤道に近いインドネシア ジャカルタに駐在されているタケウチさん、海外の生活は、まずマレーシアに始まり、イスラムの文化色が とても強く、文化の違いにとまだった様子、国民性の違い、熱帯地区での衛生状態、トイレ事情、お手伝いさんつき、運転手付きは当たり前の生活、また、駐在の奥様方の様子など、駐在員ベテランの彼は、お話が豊富で、とても楽しいインタービューでした。

#28 海外生活5年目、スペイン、オーストラリア、シンガポール、ドイツに滞在、 ベルリンよりエミさんです 海外のカスタマーサービスの話で盛り上がり、犬好きの司会者を泣かせた佐賀のワンちゃんのストーリー

September 28, 2016 ichibantalk 0

佐賀県出身のエミさんは、5年間で4か国に滞在経験、この国々の比較は、もちろん、私と盛り上がったのは、オーストラリアでは日英カスタマーサービスを担当とても興味深いお話し、ドイツにいてカスタマーサービスに電話をした時どうなるか?フムフム、独もそうか、そういうかんじ、米国も、そんな感じと盛り上がりました。 ドイツ生活情報が盛りだくさん。 佐賀県のご実家のエミさんの犬の話、私が放送中、泣けてきたのは初めてです。ハンカチをご用意ください。 洋画好き、洋楽好きなことも、おしゃべりしていただきました。彼女のブログ、Twitter, Instagram ブログ amorestaaqui.blogspot.de ツイッター twitter.com/emicocoa インスタグラム www.instagram.com/emiinberlin/

#62 ロサンゼルス、シンガポール計5年 東京との往復生活 ニューハーフのジュンさん 下半身は父に似て、上半身は母に似たんですw お人形ごっこが楽しかった そんな自分にすごく悩みました

September 27, 2016 ichibantalk 0

福岡県出身 お父さんは車の輸出入、修理の自営業、お母さんは専業主婦 お兄さん、おねいさん、私おかまのジュンさんの、三人兄弟という風に紹介していただきました。 幼少期から、男の子の遊びにまるで興味なし、人形ごっこは大好きでした。 中学生の思春期の頃、どうして普通の男子になれないのだろうと、そんな自分に悩み始め、いじめにもあう。 昔から絵が大好きな、ジュンさんは東京美術大学を受験、しかし失敗、浪人生活、東京での生活、新宿でのバイトから、将来の展望がどんどん変わっていきます。 性転換を考え、豊胸手術、やがて芸能界へのデビュー、アメリカでの充電時代、空港での大ハプニング。 新宿での再出発、念願のニューハーフショーパブのお店 グッピーの経営、海外支店シンガポールへの進出。 これからの人生設計についても、深く語っていただきました。 ジュンさんの美貌の秘密を、司会者はしつこく迫りました。(笑) お店のサイトは guppy.in/pc/index.html お店のスタッフのブログ ameblo.jp/guppy-shinjuku/ Facebook は www.facebook.com/pages/Guppy-%E3%…73527737?fref=ts