#210 ロスのUCLA医大青少年精神科病棟で勤務経験、看護師の安田マサエさんに聞く、日本の精神科の実情、50人の入院患者に看護師が1人?自殺願望、ティーンの鬱と親の対応、米日系企業で起きたレイプ事件

May 13, 2019 ichibantalk 0

3度目の出演、ロサンゼルスの元UCLA医大病院青少年精神病棟の看護師の安田マサエさん。日本に先日4日間一時帰国され、日米を比較しても、まだまだ日本の精神科は世界レベルに達していない悲しい事実を語っていただきました。心療科とは、また違う精神科、心の病を患うと、もし、それが入院ということになると、日本では、夜間だけをとってみると、病棟の患者50人に対して、看護師一人、補助士がひとりという、有様なのである。アメリカのティーンエージャーとの比較。12歳より18歳くらいの青少年の悩み、日本だったら、受験だったり、果てしない将来へのプレッシャー、親もお手上げ状態、どう対応していったらいいのだろう。自殺という言葉を聞いて、対処の仕方が、まるで違う日米の医療関係者。赤信号のとらえ方。 実話を追う、米日系企業で起きたセクハラ、レイプ事件の真相。うやむやにすることのできる男性社会。#MeToo の実情。あなたは痴漢にあったら、どうするか? いつもたくさんの方が聞かれる、マサエさんのエピソード。今回も司会者Tatsumiは体を前に出して、ちょっと興奮気味。いろいろなお話をお伺いしました。 自分自らの経験を生かした、摂食障害の専門家なマサエさんです。常に相談を受けることができます。 摂食障害を中心に活動をされてるマサエさんのウェブサイトは http://edrecoveryjapan.com/ https://www.facebook.com/EatingdisorderLosAngeles/ こちらはマサエさんご自身のポッドキャストです。摂食障害を中心にお話しされています。 https://www.himalaya.com/JP%20Psychology-podcasts/%E8%80%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%9B%9E%E5%BE%A9%EF%BC%81%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%98%E3%82%83%E8%8B%A6%E3%81%97%E3%81%84%E6%91%82%E9%A3%9F%E9%9A%9C%E5%AE%B3%EF%BC%88%E6%8B%92%E9%A3%9F%E3%83%BB%E9%81%8E%E9%A3%9F%EF%BC%89-1068725?lang=ja

#168 LA発UCLA大学病院小児精神科で看護師、再出演の安田マサエさん、母親の自殺を目撃した3歳児,日米比較メンタルヘルスのとらえ方、学校の対処法、SOSが出せないティーン、親の離婚の被害者は子供

June 11, 2018 ichibantalk 0

UCLA大学病院小児精神科に看護師として勤務されていた安田マサエさんと子供のメンタルヘルス、日米の精神病のとらえ方の比較。 ショッキングな3歳女子が母親の自殺現場を目撃。そして入院。 自殺を願望する子供たち。 それに対しての親のできること、社会ができること、学校ができること。 日本とは違う、アメリカの精神科の医師になるための長時間にわたるインターン実地研修の重要なこと。 心に病を感じたら、日米健康保険ここが違う。心理カウンセリング、セラピーの勧め。 薬だけで効果が出るものなのか? ティーンの悩みは深く、傷つきやすく、壊れやすい。SOSだせない、または出していても、見逃してしまうかも。親としてできること。 学校側ができること。 自殺願望を、もう一度考えてみる。 接触、拒食、過食、いろいろな状態をケアする精神病棟。 離婚の被害者は子供たち、アメリカの実態、人種も違えば、宗教も多種多様、親の宗教からの子へのプレッシャー。日米どっちにしても悩みの多い思春期真っ盛り、ティーンエージャー。 摂食障害を中心に活動をされてるマサエさんのウェブサイトは http://edrecoveryjapan.com/ https://www.facebook.com/EatingdisorderLosAngeles/ #148 米に21年安田マサエさん,UCLA大学病院で看護師のキャリアそこから簡単に永住権を取得、まだ差別の多い南部での留学経験、海外で財布を落としたら?、摂食障害になりフラフラ激やせから本を出版まで   Tweets by EDhopejapan

#162 海外に6年、栃木県より一年ぶり再出演サキさん、米国大使館で予想外なビザの再申請が却下、荷物もNY に置きっぱなし、日米で違う人種、男女の差別,インスタ1万突破!日本語教師で只今活躍中です

April 30, 2018 ichibantalk 0

#49よりその後どうしていたのかを報告してくれたサキさん、全快はボストンより、今回は日本は栃木県より。 ビザの延長申請にてこずってます。荷物もまだアメリカの東海岸に置きっぱなし。 すぐ戻るつもりで一時帰国して半年がたちました。 ビザの話を深く掘り下げてみました。 大統領で左右するビザ問題、いやテロのことがあってからでしょうか? 日本にいて感ずること、差別への意識の違い、また、男女の差別について熱く語ってもらいました。 彼女は日本語の教師としても活躍中、オンライン、ソーシャルメディアを使って、楽しく日本語を覚えてもらおうとビジネスを展開。 これから電子書籍の出版も予定。 ちょっと一年ほどおしゃべりしない間にいろんなことが起こった彼女、詳しくご報告していただきました。 インスタは https://www.instagram.com/sakijapaneselesson   #49海外生活5年 東海岸ボストンよりサキさん 常に両親ともぶつかり自殺を考えた学生時代 人生を変えた恩師との出会い 海外生活ブチ切れ集も半端じゃない 元偏差値30 ADHDの彼女は今は起業家 サキさんのアメブロ、ブログは https://ameblo.jp/po-0315?frm_id=v.jpameblo&device_id=8d9d7f166827483b8bb048f9e3e24c4c https://crowdworks.jp/public/employees/1756735 Tweets by JapaneseSaki […]

#147 新春特別企画!サクラメントよりアキコさんと12歳の長女セナちゃん親子対談、日本から来たばっかり、こっちの中学校って?授業中のガムはOK、花嫁さんもガムをくちゃくちゃ、ピコ太郎の知名度は?

January 15, 2018 ichibantalk 0

レギュラーのアキコさんと12歳の長女セナちゃんとの親子会談が実現しました。 大阪南河内より海外留学をしてほんの数か月。 カリフォルニア、サクラメントの中学校はどんな感じでしょう? いきなりお菓子を食べる機会が日本と比較にならないくらい多いです。 ガムなんか授業中もOKです。こちらでの結婚式でのガムのハプニングを紹介。 日米を比較しながらいろいろなユニークな体験を紹介してくれました。 後半は、海外引っ越しを終え、数か月を振り返ってアキコさんにいろいろおしゃべりしていただきました。もちろんコストコの話も。(笑)お楽しみください。

115 大阪弁炸裂!お馴染みアキコさん、日米コストコ比較、もうすぐ家族5人でアメリカ留学、ボブはロバートなんですか?海外の名前いろいろ、性転換事情、日米の高校受験など

June 2, 2017 ichibantalk 0

お馴染みの大阪のアキコさん。 もうすぐご家族と一緒に、留学をされる彼女とのお話は 海外の男性の名前、正式な名前と、カジュアルな呼び方。 ボブは、ロバートなんですか? 日米比較コストコ談義。この話をしだすと、長いんですよ、私たち(笑) 車をアメリカで運転するにあたって気をつけなきゃいけないこと。 性転換のお話。 アメリカ人も血液型の占いとかあるんですか? 日米比較、高校受験 来週、カリフォルニア、アーバインで開催するリスナー懇親会のお知らせなどなど。 相変わらずな大阪弁の炸裂状態でやんす。 #79 日本から大阪からIchibanTalkの特派員 アキコさん ママ友に告ぐ!ええ加減にせぃ迫力あるブチ切れ集 シングルマザー歴あり今は再婚してラブラブ 助産師として とてもショッキングな裏話など #93 再出演 大阪の特派員アキコさん 下ネタ注意報!そんな急患が?うそのような本当の話。温泉旅行で知りあった関西のおばちゃん族と酒宴、日米美容比較、整形、豊胸、巨乳縮小手術、脱毛、遠赤外線ドームなど

#104 特番90分!海外生活Q&A リスナー代表 大阪のケンジさんと回答は米国よりお馴染みのYouTuberゲーム業界で大活躍ケントさん 転職って多いんですか? 海外のスーパーって? 日米上司の比較など

March 29, 2017 ichibantalk 0

海外生活を夢見て、日々日ごろ英語を猛特訓している、IchibanTalkのリスナー代表の、大阪、寝屋川市より西山ケンジさんが、海外生活Q&Aの質問をぶつけてくれました。 回答者は二回目の出演、YouTuber でお馴染み米国のゲーム業界大活躍中のサンフランシスコの小島ケントさんと、司会者のTatsumiです。 ケンジさんは、小さい頃はもてなかったので、バレンタインデーは大嫌いでした。 小学校二年生までは良くいじめられたとのこと。 運動音痴の彼が始めたことは、サッカーでした。 スポーツを通じて、勝気になり、学校生活も楽しくなったとのこと。 高校は大阪、マンモス校で有名な、初芝高校。 修学旅行は、オーストラリア、ケインズ、そこでの逸話を紹介。 龍谷大学ではスポーツサイエンスを専攻。 今現在、体育、体力測定機器の輸入会社で勤務中。一児のパパ。 フィリピンに行った時の大失敗談も。 それでは、海外生活質問の開始! ーレイオフ、転職など。 ー人種が異なる友達について ーアメリカのスーパーマーケットについて ー海外での自己主張 ー日米上司の比較 ー自殺にまで追い込む場合もある、日本の就活からのプレッシャー、年齢のプレッシャー ー外国人はダンスが全員上手なんですか? ーハグ、キスの文化 ー日本人の謙虚な姿勢について ー日本は外国人には、どう映ってるんでしょうか? ー日本で英語を勉強してると、馬鹿にされたり、白い目で見られる? などなど、脱線も含め、今回は延長して90分もおしゃべりしました。 […]