#210 ロスのUCLA医大青少年精神科病棟で勤務経験、看護師の安田マサエさんに聞く、日本の精神科の実情、50人の入院患者に看護師が1人?自殺願望、ティーンの鬱と親の対応、米日系企業で起きたレイプ事件

May 13, 2019 ichibantalk 0

3度目の出演、ロサンゼルスの元UCLA医大病院青少年精神病棟の看護師の安田マサエさん。日本に先日4日間一時帰国され、日米を比較しても、まだまだ日本の精神科は世界レベルに達していない悲しい事実を語っていただきました。心療科とは、また違う精神科、心の病を患うと、もし、それが入院ということになると、日本では、夜間だけをとってみると、病棟の患者50人に対して、看護師一人、補助士がひとりという、有様なのである。アメリカのティーンエージャーとの比較。12歳より18歳くらいの青少年の悩み、日本だったら、受験だったり、果てしない将来へのプレッシャー、親もお手上げ状態、どう対応していったらいいのだろう。自殺という言葉を聞いて、対処の仕方が、まるで違う日米の医療関係者。赤信号のとらえ方。 実話を追う、米日系企業で起きたセクハラ、レイプ事件の真相。うやむやにすることのできる男性社会。#MeToo の実情。あなたは痴漢にあったら、どうするか? いつもたくさんの方が聞かれる、マサエさんのエピソード。今回も司会者Tatsumiは体を前に出して、ちょっと興奮気味。いろいろなお話をお伺いしました。 自分自らの経験を生かした、摂食障害の専門家なマサエさんです。常に相談を受けることができます。 摂食障害を中心に活動をされてるマサエさんのウェブサイトは http://edrecoveryjapan.com/ https://www.facebook.com/EatingdisorderLosAngeles/ こちらはマサエさんご自身のポッドキャストです。摂食障害を中心にお話しされています。 https://www.himalaya.com/JP%20Psychology-podcasts/%E8%80%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E5%9B%9E%E5%BE%A9%EF%BC%81%E4%B8%80%E4%BA%BA%E3%81%98%E3%82%83%E8%8B%A6%E3%81%97%E3%81%84%E6%91%82%E9%A3%9F%E9%9A%9C%E5%AE%B3%EF%BC%88%E6%8B%92%E9%A3%9F%E3%83%BB%E9%81%8E%E9%A3%9F%EF%BC%89-1068725?lang=ja

#100 アフリカはモザンビークよりヤマさん 大雨を理由に仕事に来ない、バスは200%の混雑が当たり前、地元の刺身?自殺行為ですかね(笑)寄生虫、予防注射など

March 10, 2017 ichibantalk 0

100回記念 アフリカはモザンピークは、リシンガよりヤマさんの登場、海外ブチ切れより衝撃のスタート。刺身を食べるとに始まり、アフリカ生活のパワフルなお話のオンパレード。 バスはギュウギュウ詰め状態が通常。 会議でも人は一向に集まる気配なし。 急なスコール大雨で社会全体が止まる。 日本人でも白人といわれる。 時間にルーズ。 言い訳が、それぞれユニークで、あきれてしまう。 アフリカ暮らしの家屋状況。 食あたり、体調不良で、地元の病院へ。 怖い寄生虫のお話。 中国人にレストラン経営をお願いしてみた、その結果は? 自家製のうどん。 おまけは、当番組おなじみの痴漢話。 北海道帯広生まれ、横浜育ち。 建設設計士のお父さんのもとに生まれる。 弟さんが一人。 サッカーが大好きで、2010年から4年ほど、日本代表チームを追いかけ、ブラジルわーるカップまで行った熱狂ぶり。 司会者はここで、無理やり横浜ベイダースの野球のお話。 8歳の時に作った、タイムカプセルの話。 子供時代は、ちょっと太っていたので、モテなかったんですが、中学で背も伸び、スリムになってモテましたとのこと。 高校は男女共学だったのに、男女別々の校舎だった思い出。 東京理科大学、工業化学科。 コンビニでのバイト中、ヒモにならないかという女性からの誘い。 大学卒業後、品質管理のお仕事を10年ほど。 一冊の本に感化され、海外生活への実現化。 […]