#225 ベルギーよりロケ・タミコさん、ペンパルで国際結婚、海外での追突事故の反省点、大事なテストで居眠り、英国ホームステイの悪夢、日本語継承したい親御さんへ

October 15, 2019 ichibantalk 0

海外に7年、イギリスに1年、国際結婚をして、日本で住んで、今は主人の国ベルギーに7年います。ブリュッセルより60km離れた、ナミュールに住むロケ・タミコさん。14世紀から続く、竹馬の騎馬戦で有名な土地、ベルギーはバラエティー豊かなビールでも有名ですね。 ベルギーで追突事故を起こした時の反省点。日本と違う運転、ベルギーは左側通行、右ハンドルから繰り返す失敗。 なんと珍しい、看護師の国家試験中に居眠り。イギリスでのホームステイの悪夢。 群馬県富岡市の出身。家業がこんにゃくの作業場だったため、ぜんそくになった。体育の時間はぜんそくのため、見学、そんな体が弱かった、彼女も中学行との自転車通学40分で体力の増強。 ご主人とはペンパルで知り合い、日本で国際結婚。ハーフの2児のお母さんでもあります。 お仕事は海外在住の3人の女性と立ち上げた、海外にいながらうけれる、日本語を継承したい親御さんのための、オンライン講座、日本語継承ワールドアカデミーでの活動ぶりを語ってもらいました。 日本語継承ワールドアカデミーのサイト https://ameblo.jp/nijinokakehashi-2019/ メールでの問い合わせは japan.world.academy@gmail.com タミコさんのブログ https://ameblo.jp/kaigai-kodomojibunsodate/ 日本語継承・ワールドアカデミーのライン    お問い合わせ:LINE @nihongo123

#214 Facebookライブより、ロンドン阪神タイガース猛虎会の皆さんと、優勝したらトラファルガー広場の噴水飛び込みます!、イギリス女性と付き合うほうが楽ですね、幼少期より英国住まい、失敗談など

June 17, 2019 ichibantalk 0

ロンドンの阪神タイガース、ファンクラブ猛虎会の皆さんと。イギリス生活大ベテランより、来てまだ半年の方まで、バラエティー豊かな海外生活のお話、もちろんトラキチの彼らの、過去の阪神の思い出から、今年2019年タイガースをロンドンより応援する皆さんの、とても賑やかな、Facebookのライブより。出演は、小幡洋子さん、富士タイキさん、伊賀修二さん、岡本ユウスケさん、福岡タカトシさん。

#206 アメリカの留学に始まり、ロンドン5年、パリに15年のモミ・クルゼーさん、仏大学院でエロ教授のショックな行動⁈、パリ症候群、英国人ってハテナだわ、写真家とビジネスイベント・プロデューサー

April 8, 2019 ichibantalk 0

海外生活はアメリカのフィラデルフィアの留学に始まり、イギリスに5年、フランスのパリに15年になる、モミ・クルゼーさん。パリ症候群って?冷たい仏人、パリジャンとよく聞きますが、そうでもない、フランス人は優しいと、国民性について、いろいろとお話しいただきました。それに対してイギリスはロンドンにいたころから、今でも思うのですが、イギリス人って、私にとってはハテナな国民ですね(笑)。 パリ8大学院では写真学部を専攻。そこで起きるエロ教授のショッキングな行動。さて聴いてみましょう! 千葉県木更津市の出身。両親は二人とも地方公務員。3歳離れた弟さん。 親が厳しく、とにかくルールだらけの家でした。窮屈でしたね。で 小学校高学年でいじめにあった。4年生に始まり、5年生の担任の先生のおかげで、いじめの対策と改善。その担任の教師が行った、対策案とは? このころの夢はショービジネス。女優を夢見て、オードリーヘップバーンみたいになりたかった。 大学受験はもちろん芸大。志望はかなわず、フェリス女学院大学に入学。 20歳の時に、アメリカはフィラデルフィアに留学。そこでたまたま、とった写真のクラスにはまる。それが今の仕事、フォトグラファーの第一歩になる。人生を変えた写真への情熱と楽しみ。 ご主人とは先ほどのパリの大学院で知り合い、結婚、男女二人の子供に恵まれる。 久々のトップ5の発表。今回は彼女の大好きなお菓子で。 現在のお仕事は、会社用の子供服、キッズファッションを中心に撮影、それと、ファミリー個人向けの、子供さんの記念写真、ご家族のポートレート撮影をパリのスタジオで、承ってますとおっしゃる、モミさん。そして、ビジネスイベント・プロデューサーとして、素敵な世界の有能な女性をコラボさせ、全世界でセミナーなどの企画、プロデュースをされてます。5月25日、26日のパリでのイベントに、ぜひご参加ください。申し込みと詳細はこちらのリンクより。 https://peraichi.com/landing_pages/view/minibeuty2 写真のサイトは Facebookでつながりましょう。友達のリクエストお待ちしてます。 https://www.facebook.com/momi.crouzet

#205 シンガポールに11年今はイギリスの片田舎とロンドンの往復生活中のマリコ・ラベンダージョーンズさん、お粗末なタイの結婚式の写真、3か国で3人のママ、海外でガンを宣告されたら?心と体の応援団長

April 1, 2019 ichibantalk 0

日本で結婚生活が始まり、子供3人を連れて、夫の海外赴任先シンガポールに11年、そして夫の国、イギリスに住んで5年ほど、マリコ・ラベンダージョーンズさん。ロンドンと片田舎は北コッツウォルズとの往復生活中。オックスフォードの近辺と言ったら、わかりやすいかもですね。ロンドンのお宅はウィンブルドンに近いそうです。そうです、あのテニスで有名な土地です。 シンガポール時代、乳がんの宣告。まだ小さな子供たち、3人を抱えての状況。さて、どうなったんでしょう。 Marcoと勘違い?Marikoと似てるので、一緒にされたんでしょうか、それとも、当時ショートヘアだったせいか、男子と間違われることに。 結婚式のカメラマンを現地タイで適当に雇ったら、ドンでもないことに、シックで泣きました。慣れない手作り結婚式、披露宴でありがちなこと。 ベトナムの新婚旅行でのハプニング。 海外プチ鬱のはなし。3人の子として、妻として努力するのだが、すべて空回り。 ご出身は神奈川は逗子市。子供の時のお話。 現在のお仕事は、ガンでの入退院を繰り返して、改めて、自分の健康を考え、そして、ヨガとめぐりあい、自分の体とうまくつきあっていく、心も体の健康のバランスの重要さ、ヨガのクラスを教えながら、一人ぼっちで頑張ってるお母さんのために立ち上げた、コミュニティーでの活動。そしてオンライン養生講座と、世界中の女性の心と体の応援団長にお忙しい彼女です。 マリコさんのウェブサイトは http://marikoyoga.com Facebookのコミュニティーページ http://facebook.com/MarikoYogaTherapy Twitter(写真の紹介の後を参照) インスタグラムは https://www.instagram.com/mariko.yoga/ Facebookでつながりましょう https://www.facebook.com/mariko.lavenderjones アメブロのブログサイトは https://ameblo.jp/pranayoga/entry-12451225955.html

#204 ロンドンに20年金澤ミズエさん、まずは歯の折れたことから、湿疹で入院そしてテロで救急車で追い出される、詐欺の被害額を聞いてイスから落ちる司会者、キューピー3分クッキングに憧れ料理教室の先生に

March 25, 2019 ichibantalk 0

イギリスはロンドンに20年、奈良県出身の金澤ミズエさん。まずは最近起きたショッキングな歯が折れたお話より。 たかが湿疹、されど湿疹。入院すること3回。最後の入院は、テロが起こり、病院を救急車で追い出されるはめに。海外での詐欺の被害、その内容、被害額を聞いて、司会者は椅子から落ちる。 奈良県出身、おもわぬ大阪のローカルな話に突入。自宅で料理教室を開催して1000回を到達。その料理のルーツは、昔よく見た、ずる休みまでしてみた、キューピー3分間クッキングにあり。 お料理教室の詳細、その他は https://mizue20.wordpress.com/

#194ドイツに10年と英国留学、ハンブルグよりホイスラーめぐみさん、名前の苦労話、風俗業で有名な街のテディベアはちょっと違う⁈、転校ばかりだった日々、起業コンサルとライフコーチング、今日のおまけ

January 21, 2019 ichibantalk 0

ドイツはハンブルグよりホイスラーめぐみさん、ドイツに10年そしてイギリスに留学の経験も。ドイツ語はちなみに、ほぼゼロの状態でした。話が盛り上がったのは、名前で一生苦労してるんです。メグミは”愛””と書くのです。柳家をヤナギタニと呼んでもらえなかったり、これまた、結婚してもさらに名前で苦労してます。 ハンブルグって、意外なことで有名なんですよォ~。はい、オランダのアムステルダムのレッドライト ディストリクトみたいに、風俗業で全世界に有名なんです。その風俗業の盛んな街でみる、ちょっと風変わりなテディベアのお話。次男坊も車より体を乗り出してみたりですね(笑)。さすが男子というメグミママのご意見。 小学校の時は、転校ばかりでした。そこからいろいろ学んだことが、今のビジネスにも反映、好影響しているという、司会者の意見。なんでも小さな時に得た経験というのは、隠れたところで、大人になっても結構、影響しているものかもしれません。 バイト禁止令が出たので、こんなアイデアでバイトをしてみましたという、高校生時代。 Facebookでつながっている人は、なんと4000人以上。リクエストしてくる男性の傾向と対策。 海外での子育てをしながら、オンラインで、起業コンサルとライフコーチング業に毎日お忙しい彼女。 そんな彼女からのリスナーへのプレゼント、今日のおまけは聞いてのお楽しみ。 Facebookでつながりましょう https://www.facebook.com/megumi.haeussler 彼女のウェブサイト こちらはブログサイト。 https://ameblo.jp/positive-creation?fbclid=IwAR2YAQ-rKsxovcegpWcQq4Lde0tJzqqARThMWkffN-AcegQqkX4BHtwZiQU

#193 NYより岡部ジュンコさん、アメリカ大学院留学に始まり駐在員妻、海外出産、ロンドンまた米国に、入試日を間違えたから11歳年下の夫に出会えた⁈ 大人気!欧州仕込みのテーブルコーディネーター

January 14, 2019 ichibantalk 0

海外経験14年、新春のトップバッターを飾ってくれるのは、アメリカはニューヨークより、岡部ジュンコさん。アメリカに9年、ロンドンに5年。 親から、やいのやいのと婚活の質問の受け答えするのに、飽き飽きしてきた彼女は、アメリカの大学院行きを決めます!いきなり入試日を間違え、失態から始まるが、その間違いが、将来の夫を運んできた!(笑)そうなんです、アメリカに大学院に心理学を専攻、留学した際に、知り合うのが、将来のご主人、11歳年下の日本人の彼でした。 卒業後、それから、インターンとしてアメリカに残り、4年の交際を経て、結婚、シカゴで出産。一人娘のお嬢さんご主人と、ロンドンではパブ巡りを楽しみ、そうこうしているうちに、イギリスにも慣れ、今度はまたアメリカはニューヨークに、最近引っ越しされました。 海外子育てをしながら、身に着けたのは、ロンドン、欧州のテーブルコーディネートの技。テーブルコーディネーターとして、レッスン、クラスを開講され、ロンドンで大人気でした。海外にいると、食事会を催したり、パーティーを催したり、そこで食卓を華やかにコーディネートしたら、そして招待客から、褒められたり、英語が不安でも、そんなことから、自信につながり、いいことが起こり、もっと素敵な場に盛り上がるのです。 ここニューヨークでも彼女のテーブルコーディネイトのレッスンが間もなく始まります。 詳しくは https://table-cestjoyeux.com/ ブログは https://ameblo.jp/table-cestjoyeux/ インタグラムは https://www.instagram.com/table.cestjoyeux/ h

#188 ロンドンに18年マサコ・マシューズさん、夫はジャマイカ人、インドの文化に影響され歌う瞑想会で大活躍、水電気のない生活でもへっちゃら、トラックやテントで子育て、理想の医学ホメオパシーの重要さ

November 19, 2018 ichibantalk 0

イギリスはロンドンに18年お住まいのマサコ・マシューズさん。 イギリスにおりますが、インドの旅で出会ったご主人はジャマイカ人。親戚やそのコミュニティーで、かなり違う文化で、初めは戸惑いました。 スペインで暮らしたときは、水電気のない生活をしたんですが、今になって考えると、結構ヘッチャラだったんですね。いわゆるヒッピーな瀬克ぶりだったんです。 人間たくましくなるもんです。(笑) ついこないだ、やっと夫のふるさと、ジャマイカに行くことができました。 日本の親からは、国際結婚に対して、あまりよく言われなかったです。 今ではすべて、丸く収まりましたが、、、。 長男を出産して、義母のケータリングを手伝ったんですが、出産直後で、赤ちゃんとトラック、テントで寝起きして、今から考えると無茶をしました。 結婚式のエピソードも過激です。 経済的に苦しかった二人は、その辺のマーケットで買った当時の3ポンドの指輪で間に合わせました。 群馬県の出身。 父は建設業 母は主婦 妹が2人。 7歳くらいまで、あまりしゃべらなかったんです。 寡黙症というんだと思います。 アイシュタインも4歳まで、そんな感じでしたしね。 小学校では自然児でした。 学級委員も務め、真面目な学生。 美容師になりたいと思ってました。いつも、なんでも母に反対されるのではと、心配してました。 高校では早く家が出たい、大学は遠いところに思ってました。 大学生活は自由が手に入れることができたので、それはそれは楽しかったです。 籠の鳥から脱出ですね。 女子プロレスリングに熱中。 世界の民族音楽にもはまってました。 […]

#172 英国の大学院留学より21年ロンドンより小幡ヨウコさん、知らなかった!フラットメイトが犯罪者、結婚3年目にしてDVになった夫、コスメ大賞に数回選ばれた化粧品ブランドの経営談義、12歳年下の彼

July 9, 2018 ichibantalk 0

イギリスに住んで21年、小幡ヨウコさん。マンチェスターの大学院に留学をして、今はロンドンに住んでいます。 フラットメイトが犯罪者って知りませんでした。その当時男性二人と共同生活。ある日、一つのものが消えたんです。 DV の被害者になるとは、思ってもみませんでした。 結婚して3年目くらいですべてが変わりました。 その当時はヨーロッパで油絵アーティストとして活躍してました。 DV では、悲しいですが、絵は描けないですよね。 それどころか、生きてるので、せいいっぱいでした。 殺されるかもしれないと思う日も多々ありました。 そのころ、ある日突然、母の形見がなくなる事件のお話。 他界した母の声を聴いたんです。 ご出身は大阪都夜中に生まれ、育ったのは奈良県大和郡山市です。 兄が一人。 小さなころは内弁慶でした。 絵と文が好きだったんです。 近畿大学では、造形美術で油絵を描いてました。 卒業後、奨学金を得て、イギリスの大学院に進みました。 その後、油絵アーティストとして生計が立てれるようにまでなったんです。 夫のDV に苦しみ、離婚が成立。このころ以前から興味のあった、コスメとロジーを猛勉強。 こうなったら、自分の納得いく化粧品を作ろうと、2016年コスメブランド、KOTOHAを立ち上げ、数年にして英国コスメ対象を数回受賞。 プライベートでは、12歳年下のスロバキア人の彼と恋愛中。DV 時代が嘘のように、はっきり言って、おばちゃんですが、楽しくお付き合いが進行中です。(笑) イギリスで猛虎、阪神タイガースファンです。 […]

#158 ロンドンにほぼ3年26歳から起業家の平原カズヨシさん、中小企業の海外進出の窓口業を展開、トイレの最中見知らぬ人がハローと侵入⁈、デンマークでダイナマイト騒動、6年間の過酷な全寮制学校

April 1, 2018 ichibantalk 0

強制的に、いかされた全寮制学校時代の英国研修が海外に出るきっかけでしたとおっしゃる東京都墨田区出身の平原カズヨシさん。 ロンドンよりおしゃべりしていただきました。 イギリス人と日本人は似てたりします。 日本にいると泣く子に対してきつく当たられたりしますが、海外だと反応は違います。 フランスでイギリスで、デンマークでいろんな興味ある出来事を紹介。 育ちは墨田区、こてこての江戸っ子気質。 中高はとても厳しかった全寮制の学校 寮生活で人間関係を作るのが上手になった点と勉強しかすることがないから何故か高校の偏差値は70なので当時は医学部歯学部進学率日本一だった点(飛び級でハーバード大学や東大医学部に行く人もいたり) 外国人を相手にとことん文句は言います。 26歳で起業、3人のお子さん、ワンちゃんと家族は5人と一匹。ロンドン生活もほぼ3年。 中小企業の海外進出の窓口業、日本と海外の架け橋、毎日充実した海外生活を送っておられるカズヨシさんです。 公式サイト:http://www.walf.co.uk ブログ: http://walf-blog.com/ IchibanTalk海外で頑張る日本人トークをいつも聴いていただいてありがとうございます。番組の継続のためペイパルより寄付、サポートしていただけたら嬉しいです。 http://www.paypal.me/ichibantalk Tweets by suntanglondon